会社案内

既 刊 1

【全国学校図書館協議会選定図書】

世界に通用する伝統文化 体育指導技術(教育を伝えるシリーズ)

著者: 根本正雄

A5判 192ページ 定価:1900円(税別) 学芸みらい社

楽しい授業づくりの原理とは?
目を輝かせ、生き生きと活動する子どもを育てたいと願った。教育の目的は人づくりである。生きていることに、自信と喜びを持つ子どもを育てたかった。

収録内容
第1章 よさこいソーランを世界に伝える
第2章 逆上がりは誰でもできる
第3章 楽しい体育の授業づくり
第4章 子どもが輝く学級づくり
第5章 地域との連携を図る学校づくり
第6章 私を鍛えてくれた子どもたち

サンプル画像

         ブックデザイン: 荒木香樹


反響
石川県 I S 先生
帯の言葉、「子どもが分かる楽しい授業づくりを目指した。何度も何度もチャレンジした。」がいいなぁと思った。自分もがんばろうという気になってくる。
この本のシリーズは、退職された先生方が書かれるという。すごくいい企画だなぁと思う。どの本も、それぞれの先生が30年以上取り組んできた教育のエッセンスがつまっているにちがいない。だから後ろを歩く自分達には必ず役に立つだろう。
また、ご自分の実践を本という形で残せるのは、退職された先生にとって至福の喜びであると思う。

京都府 OT先生
早速拝見した。教師という職業を選択し、半生を走り続けた先生の生き様がどのページにもあふれていた。注文する前から分かっていたが、やはり圧巻だった。根本先生の投稿論文など、初めて拝見する資料もたくさんあった。
よい本を買わせていただいた。出会いに感謝だ。

東京都 AK先生
ありがとうございました。勉強させていただきます。先日の中央事務局会議でも向山先生から、根本先生の本の紹介があり、メンバー全員がすぐに本を求めました。もちろん、私も求めました。TOSSデーがありますので、いろいろな方に紹介していきます。それにしても、顔写真の表情がすばらしいですね。びっくりしました。見ているだけで、私も微笑んでしまいました。

横浜 TK先生
凄いです。読みやすく、写真もあり、良い本です。根本先生は凄いです。今までたくさん本をだしてきたのに、まだ書いた内容がストックされていて、出されたのですから。

兵庫県 IS先生
私が一番印象に残った箇所は、社会科フォーラムIN千葉に向けて、授業づくりの手順を次の手順で行った所である。
①優れた授業を参観し、授業記録をとる。
②優れた授業の分析をする。
③分析を学び、担任が授業する。
④担任の授業記録をとる。
⑤担任の授業記録を分析する。
⑥再度、担任が授業する。
担任は最低3回授業を行い、最後は模擬授業をして、さらに指導してもらうのである。根本先生は、次のように記述されている。
■この一連の授業づくりで担任は自信をもって公開研究会にのぞむことができた。そして、「やってよかった」という満足感を味わうことができたのである。
この項の最後には、以下の文章で締めくくられている。
■TOSSの財産を活用し、指導法を取り入れた成果である。それをもとにしてオリジナルの学校づくりをしていただきたい。そうすれば、日本の教育は間違いなく変えることができる。2年間で子どもが変わり、学校が変わったのである。一人の人間が本気になればできるのである。教育の可能性に挑戦していってほしい。力強い言葉である。

三重県 TH先生
一気に読み切った。この本で特筆すべきは、先生の原点が書かれていること。根本先生も初任時には大変な出会いと苦労があったが、その1年の教師としての生き様が、その後の教師人生を規定することともなったように思った。
P108にある「どんな子どもでも、真心を込め、全力を出してぶつかれば、よくなるのだということを知った」という言葉は是非、全国の先生方に知って欲しい言葉だった。
私自身、学級がうまくいっているという時でも、手を抜いたり、建前で子どもと接したりしたときは、うまくいかない。うまくいっていても、指導は全力であるし、自分の生き様をいつも子ども達に示している。だから、時には厳しい(子ども達には優しい先生らしい?)姿勢で臨んでも、子ども達はついてくる。根本先生の本からも、教師の姿勢こそが、子どもを変えるのだと再度認識することができた。その他、マットや鉄棒指導の資料も満載だ。

愛知県 NM先生
根本先生の深く長い教員生活が凝縮されていた。1冊にはとても入りきらないはず。
うまくいったことばかりではなく、うまくいかずに悩んだことまで書かれている。
個人的には、「鉄棒を核にした学級経営」にあこがれた。学級経営案の提出が来週になっている。ぜひ取り入れたい。楽しみにしみになってきた。

北海道 NT先生
根本先生の初任時代の実践から、よさこいソーランを世界に広がっていることまで一気に読みました。特に、初任時代の木村君をはじめとした、やんちゃくんとの格闘?が印象に残りました。
「どんな子どもでも、真心を込め、 全力を出してぶつかれば、よくなるのだということを知った。」
根本先生がこのように書かれているバックボーンが描写されていました。自分もがんばっていこうと勇気をもらいました。体育の実践も何度も読み返します。

山口県 MY先生
新卒担任6年2組の実践が、心に残りました。根本先生も新卒時代あのような経験をされたのか。心配な子が変わっていく姿。すばらしいです。
私は、本年度、教務主任をしながらの学級担任というプレゼントをいただきました。
「担任は、やっぱりいいわあ。」

兵庫県 HT先生
逆上がりの章を読む。すごい。
「逆上がりは誰にでもできる。」勇気づけられる。
・持久懸垂
・段階別台付き鉄棒練習
とっても分かりやすく、シンプルな指導手順。早速、来週から追試する。
子どもたちにも話す。楽しみだ。